前へ
次へ

税理士法に関する事について

税理士法というものはかなり昔に作られたものであるので、一部の法は現代と全く合わないと言う事や現在の観点からしたら間違っていると言うことが実際にあるとされています。そういう時には法を改正しなければならなくなるのですが、方法としては日本の国会とほとんど同じであるのです。多くの税理士に集まってもらい、多数決でこの法を改正するべきか、しないべきかを決めると言うことをするのであります。こういう事を数年に1回するということが言われていて、実際には本当に税理士法の多くの方が変えられているとのことであるのです。この税理法を法を変えるということは、日本国民の安全や安心を守るということに繋がると言われているので、とても重要なものになってくるのです。

top用置換

top用置換2

メニュー

Page Top